雲のやすらぎの使い方をレビュー!寿命を延ばすたたみ方・お手入れ方法を解説

マットレス級に分厚い敷布団雲のやすらぎ
下手な使い方をしていると、すぐにへたって使い物にならなくなることもあります
せっかく高いお金を出したのにすぐに使えなくなってしまうと
金銭的にも精神的にも大ダメージですよね・・・

そこで今回は、雲のやすらぎの正しい使い方や
寿命を延ばすためのたたみ方・お手入れ方法などをご紹介したいと思います

 

雲のやすらぎは敷布団として使うのですが
マットレスみたいに中々分厚いので、
普通にフローリングや畳の床の上に置いて使うのもいいし
ベッドに使うマットレス代わりに使っても良いですよ!

 

雲のやすらぎの基本的な使い方

 

雲のやすらぎを使ってるところ

 

お相撲さんも愛用している敷布団、雲のやすらぎプレミアムは
マットレスと勘違いされる方もおられるほど、なかなかの厚さがあります
(雲のやすらぎの厚さは17cm、そのへんの安いマットレスと同じくらいです)

分厚いといっても使い方はそのへんの敷布団と同じです

基本的には普通の敷布団と同じように床に敷いたあと
雲のやすらぎの上に寝転がり掛布団をかけて寝るだけ
ふわふわとした寝心地と耐圧分散・高反発の効果が
アナタを快眠へと誘います

 

うつ伏せでも熟睡できる。高反発だから寝返りが楽

低反発のように沈み込まないので、うつ伏せで熟睡することも可能です
寝返りをうつのがとても楽!

 

ベッドに敷いてマットレス代わりに使っても良い

 

けっこう分厚い雲のやすらぎは
普通の高反発マットレスと同じように使うこともできます
ベッドに使うマットレス代わりにすることもできますよ

 

ウッドスプリングベッドと組み合わせるのもOK

ウッドスプリングベッドの上に雲のやすらぎを敷いても良いです
2つの効果が倍増するというわけではありませんが、2つが合わさった結果
それぞれの効果が少しずつ高まります

 

畳やフローリングの上に雲のやすらぎを置いて使っても良い

 

床の上で雲のやすらぎを使ってるところ

 

もちろん普通の敷布団のように雲のやすらぎを使っても良いです

ベッドを使てない人は、畳やフローリングの床の上に雲のやすらぎを置いて
その上に布団をかけて寝ましょう

ただし、雲のやすらぎは底に湿気が溜まりやすいので
日中は常に窓際に立てかけておくことをおすすめします

 

マットレスの上に雲のやすらぎを敷くのはどうなの?

 

もともとあるベッドのマットレスの上に雲のやすらぎを敷いて寝ても
腰痛対策や寝心地の良さには影響を及ぼしません(雲のやすらぎの効果は落ない)
雲のやすらぎは、ベッドに使う厚いマットレスとよりかは随分薄いように感じると思うので
寝るときに違和感がある方はいつも使うマットレスの上に雲のやすらぎを使いましょう

よりおすすめな雲のやすらぎの使い方

 

大丈夫

基本的には、普通の敷布団・マットレスとして使用していても
何も問題ありませんが
季節によって裏表を使い分けたり
カビ・ダニ対策に通気性をよくするため下にすのこを敷いて使う
といった方法もありますので
次から、雲のやすらぎの効果的な使い方をご紹介していこうと思います

季節によって裏表を使い分ける

雲のやすらぎはリバーシブルになっています

雲のやすらぎの表面には素材に羊毛(最高級のロレーヌダウン)を使用しています
このため、夏に雲のやすらぎを使て寝ると
「暑い」「暑くて寝られない」といった口コミを見かけることもあるのですが
季節によって表面と裏面を使い分けることで、この問題に対処できるでしょう

 

秋冬には表面を上にして使う

表面の1層目には羊毛を使用していて
寒い季節にも布団の中が暖かくなるように、また
ふわふわの寝心地を感じられるようになってます

春夏には裏面を上にして使う

裏面の1層目(表麺の5層目)にはマイティトップ11の中綿を使用
湿気を逃がし熱がこもらないように作られてます
また、マイティトップ11はダニ対策・カビ対策(菌)・臭い対策にも効果的なので
暑い季節でも暑さを気にせず眠ることが可能です

 

敷布団の頭と足の部分を2週間に一度反対にする(へたりにくくなる)

 

雲のやすらぎを上下逆にして使ってるところ

雲のやすらぎ公式サイトでも簡単に紹介してますが
2週間ごとに頭の位置と足の位置を入れ替えて(あるいは反対にして)
雲のやすらぎを使っていくことをおすすめしています

 

体の位置を反対にすることで、同じ個所に強い負荷がかかるのを防げるので
このやり方を行っていると、通常よりもへたりにくくなります
頻繁に反対にする必要はありません、2週間に一度で良いでしょう

 

通気性を良くするためすのこの上に敷く

 

雲のやすらぎは普通に床に置いて使っても良いのですが
朝起きたら窓際に立てかけて干すことを毎日しないと
カビが発生してしまう危険性があります

これは、2層目と4層目に使われているアルファマットの通気性のせいで
汗・空気が下へ流れやすくなっているからです
寝てるときは、暑さが下に流れてよいのですが
ずっと置きっぱなしだと、雲のやすらぎの底に熱がこもり、汗も溜まってしまいます

防ダニ・防カビ対策のために、毎日雲のやすらぎを壁に立てかければ良いのですが
雲のやすらぎはなかなかの重量感があり(シングルサイズで7.5kg)大変ですし
毎日壁に立てかけていても、カビが発生するときは発生します

ですので、雲のやすらぎの底に溜まりがちな空気を常に外に逃がすため
雲のやすらぎの下にすのこを置いて使うのがおすすめです

(公式サイトでもすのこを使うことがおすすめされてる)
また、すのこベッドの上にマットレス代わりに敷くのもおすすめです

敷きパッド・除湿シートを使う

湿気対策に、敷きパッド・除湿シートを使うことも考えましょう
敷きパッドは雲のやすらぎの上に、除湿シートは下に置いて使います

ただし、敷きパッドを使うと雲のやすらぎの気持ち良い感触が味わえなくなるし
敷きパッドの湿気対策効果はそれほどでもないので
使うなら除湿シートだけ雲のやすらぎの下に敷くことがおすすめです

雲のやすらぎ専用カバー・シーツ・枕を使う

 

雲のやすらぎを作った会社は、寝具全般を取り扱っています
雲のやすらぎ公式サイトから、雲のやすらぎと一緒に使うと
より快適に眠れることができるシーツや枕をセットで割引購入することができますので
一段階上の寝心地を手に入れたい方は、ぜひお試しください

雲のやすらぎ公式メーカーが販売している他の寝具
  • 六角能枕(快眠枕)
  • 陽だまりの休息プレミアム(掛布団)
  • 雲のやすらぎ専用布団シーツ(通気性抜群のシーツ)
  • 13層やすらぎマットレス(厚さ27cmのマットレス、値段は高いが今なら4万円引き)

※上で紹介しているこれらの商品の中には、雲のやすらぎとセット購入すると
格安価格で通販購入できるものもあります
詳しくは、雲のやすらぎ公式サイトをご覧ください

雲のやすらぎ公式サイトはこちら

※上記リンク先が雲のやすらぎの公式です
公式を偽った偽の通販サイトには注意してください
こちらからの購入だと100日の返金保証付き

 

ここまで、雲のやすらぎの使い方に関してお伝えしてきました
次からは、雲のやすらぎを使っている方に向けて
お手入れ方法を簡単にご紹介していきます

 

寿命を延ばす雲のやすらぎのお手入れ方法

 

新しくなった雲のやすらぎプレミアムは
以前のものよりもへたりにくくなっていますが
メンテナンスを怠ると、設定された耐久年数より短期間で
寿命が来てしまうことも予想できます

雲のやすらぎの耐久年数について

雲のやすらぎ公式メーカーは
普通に使っていても3年は品質が維持する」と説明しています

へたりにくくなった雲のやすらぎ

第三者機関が行った調査の結果では、上の画像のように
80,000回の繰り返し圧縮試験を行い厚みの低下率は0.1%という数字が出ています

一般的な敷布団は、3年ほどで交換が必要とされており
5年以上使い続けるとせんべい布団と呼ばれる、厚みが全然ない敷布団になってしまいますが
第三者機関の調査結果から察するに、雲のやすらぎは3年どころではなく
10年くらいの耐久年数がありそう
です。
へたることなく長く使える布団だと思います

せっかく高いお金を出して買った高級布団なんだから
できるだけ長く使い続けたいものですよね!

そこで、雲のやすらぎの寿命を延ばすのに有効な
お手入れ方法や注意することを、下に掲載します

 

雲のやすらぎのお手入れ方法
  • 天気の良い日に天日干しする(干し方は後で紹介)
  • 毎日窓際に立てかけて陰干しする(風をよく当て湿気を逃がす
  • 長時間折りたたまない(後で詳しく紹介)
  • 押し入れに収納しない
  • クリーニングの時は布団乾燥機を使っても良い
  • 自分で洗濯しない(水洗いできない)

雲のやすらぎは押し入れに収納することもできますが
サイズが大きいので、押し入れが小さいと
シングルサイズでも折りたたまないと入らないかと思います

しかし、雲のやすらぎを長時間折りたたんでしまうと
耐用年数が低くなるので、やめたほうが良いです
なので、雲のやすらぎを使わないときは
押し入れに収納するのではなく、壁に立てかけておきましょう

(湿気対策にもこのほうが良い)

また、1日中布団を敷いているのが嫌な人(畳の上で使ってる人)は
毎日雲のやすらぎを窓際に立てかけて陰干しし、
窓を開け風が当たるようにしてください
雲のやすらぎの底に溜まりがちな湿気を逃がすのに効果的な方法ですので
この方法は、フローリングやベッドで使ってる人にもおすすめできます

 

雲のやすらぎの干し方

 

もう一つ、雲のやすらぎに汗やヨダレなどのシミがついたときは
自分で洗濯するのではなく、クリーニングに出してください
あとで雲のやすらぎの洗濯方法を解説しますが
水に弱い素材を使っているので普通の洗濯(水洗い)はできません

 

雲のやすらぎって折りたたみできる?

雲のやすらぎを折りたたむことは可能ですが
折りたたむと耐久年数が落ちてしまうというリスクがあることには注意しましょう

正確には、折りたたむのが悪いのではなく
折りたたんだ状態を長期間ずっと続けていることが悪いです
(短時間だけなら、雲のやすらぎを折りたたんでも大丈夫)

 

分厚い敷布団なので、もし折りたたむときは
商品についてくるバンドを使うのが楽です
(バンドを使うと三つ折りになります)

干し方

普段は、雲のやすらぎを陰干しして湿気をとっておきますが
より一歩進んだお手入れ方法として、普通の布団と同じように
天気の良い日に天日干ししてください
(1か月~3か月に1回くらいの頻度で構いません)

湿気の少ない10時~14時くらいがベストな時間帯です
もし、突然の雨のせいで雲のやすらぎが濡れてしまった場合は
タオルで水分を拭き取り、ドライヤーを使い乾かしましょう

 

干す時は腰痛に注意

サイズがでかく、重たい敷布団ですので
普通の布団よりも干しにくいと思います
「雲のやすらぎを干したせいで腰痛になった」なんていう笑い話もありますので
できれば、男性の方に干してもらってください

 

クリーニングするときは乾燥機を使っても良い

雲のやすらぎは布団乾燥機を使っても問題ありません

クリーニングに出すときはお店の人に乾燥機を使っても良いと伝えてください
乾燥機を使って雲のやすらぎのダニ対策を行うこともできます

雲のやすらぎは自分で洗濯しない

コインランドリーに雲のやすらぎを持っていって
自分で洗濯することはできません

というのも、雲のやすらぎに使われてる高反発ウレタンというのものは
水に弱い素材なので、洗濯すると布団が劣化してしまう可能性があります

もし、雲のやすらぎについた汚れを自分で洗濯したい場合は
濡れタオルで汚れた部分をたたき洗いするか
それでも汚れが取れないなら、中性洗剤を使って叩き洗いしましょう

もし雲のやすらぎ購入後、すぐにへたってしまったら

現在お試しキャンペーン実施中!

今、雲のやすらぎ公式サイトから雲のやすらぎを通販購入すれば
100日間の全額返金保証特典が自動的についてきます
間違った使い方・お手入れ方法をしたせいでダメになってしまった
という人も、100日間なら購入代金を返金してくれますので
雲のやすらぎで失敗したくない人は、雲のやすらぎ公式サイトをご利用ください

雲のやすらぎ公式サイトはこちら

※上記が雲のやすらぎの公式です。公式を装った偽通販サイトに注意
返金保証がついてくるのは公式サイトだけなことにも注意!
Amazonや楽天から買っても特典は何もついてきません

せっかく高いお金を出して高級敷布団を買ったのですから
このページで紹介した正しい使い方とお手入れ方法を実践し
できるだけ長く雲のやすらぎを使ってくださいね